<< 今日のツメ。 区切り main 区切り 初。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

いまさらアンカレ

なんてことないありきたりな感想です汗
しかも今更。
詳しくは公式へ。
こちらの日誌おもしろかったですよつばのクローバー

 
 
 
『アンナ・カレーニナ』。
私は雪組Vr.しかみたことがないので、
それと比較するのはどうかと…(笑)
ま、比較出来るほど両方とも深くみてないんですけどね。

久し振りにみた芳雄くんはとても男らしくなってました。
相手が一路さんだから、母と子のようになっちゃうんじゃないかと
心配していたのですが、大人の余裕みたいなのがにじみ出てたし。
M!の芳雄くんは初々しいのがまたよかったんだけどね。
まゆげが短いのは舞台仕様?

葛山さんはこれが初めてのミュージカルとは思えないくらいの
セリフまわし、歌の抑揚が良かったです。
セリフも明瞭に聞き取れるし、コミカルな場面とシリアスな場面の
演じ分けがすごく良かったです拍手
レイヴィンのあたたかさが、この冷たい雰囲気の物語に
ホワっとした空気を流し込んでいるような気がしました。
TVの俳優さんだしぃ〜って気持ちだったのが、いい意味で裏切られました(笑)

一路さんは、調子がイマイチだったのか、そういう役作りなのか
M!のときよりも歌の覇気があまり感じられなかったように思えました。
(え、それだけ?)

キティはかわいかった☆

アンナ・ヴィロンスキーとキティ・レイヴィンの組み合わせが
交差し合って物語が進んでいく(?)のが効果的だったと思います。
アンナ・ヴィロンスキーだけでは成り立たない物語だし。
実際ただの不倫を美化した内容なんだから。ぶっちゃけすぎ

舞台の下手のセットの奥にオケがいました(笑)
しかも人数10人もいなかった!
なのにいい音楽でしたー♪


先述したように、言ってみれば不倫の話ですよね。
しかもセリョージャを置いて出てったのはアンナなのに、
ヴィロンスキーとの子を産んでまでもセリョージャを
置いてきた罪の意識に苛まれて娘をかわいがらない。
なんて女だー!って思っちゃう。私は。
そんな女に子供は渡せんだろう、カレーニンだって。
はじめは立場的な考えでに息子を渡さないカレーニンに腹も立ったけど
よくよく考えてみればそうだろう、ごもっともだよ。
ヴィロンスキーだって女のために仕事辞めんなよっ。
私は物語が進むにつれて気が重くなりました。
アンナにムカつき、ヴィロンスキーに呆れて。
こんなふうに思う私は間違ってるんでしょうか?
でも、アンナがセリョージャに再会して抱きしめながら
歌うところは私も号泣でした(爆) あれ?駆け落ちする前だっけ?
こうやって2人にムカつきながらみてるからキティとレイヴィンが
余計にかわいく爽やかなカップルにみえて。


----------
あー
仕事中なのに何やってんだムニョムニョ
とりあえずここまで先にupします。
感想っていうよりあらすじですみません汗
花組さん前に間に合った(笑) ←間に合ってないっちゅーの
 
 
 

区切り 14:08 区切り comments(1) 区切り trackbacks(0) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 14:08 区切り - 区切り - 区切り

Comment

 感想、書いてくださってありがとうございます!催促しちゃってすみません…。

 たしかに、けっこう登場人物が勝手なんですよね、アンカレってー(笑)原作を読もうと思って、上巻の三分の一で投げ出しちゃったんですけど、そのときも「ヴィロンスキーはしょーもない男だなー」とか思いましたもんっ。宝塚のはうまくごまかしてありましたよね(笑)

 一路さんと井上くん、年の差ありまくりだけど大丈夫(?)だったのですねっ。そこはわたしも大変心配しておりました(笑)

 それにしても、休憩20分だけで21時40分までなんて、ホント長いんですねー。お得ですね(?)

なまいきむすめK 区切り 2006/04/15 10:04 PM

Submit Comment









Trackback URL

http://asa-asa.jugem.jp/trackback/150

Trackback